芽萌丸プログラミング部 @programming
@programming
2020/4/3 12:57 更新✏

Node.jsのインストール&利用バージョン管理

nvm は Node.js バージョンの管理ツールです。 Node.js のバージョンを自由に切り替えて使うのに便利です。

目次:

nvmをインストール

## ダウンロード:
$ wget -qO- https://raw.githubusercontent.com/nvm-sh/nvm/v0.35.3/install.sh | bash
## .bashrc を編集:
$ nano ~/.bashrc

  ## .bashrcに以下を追加:
  export NVM_DIR="$([ -z "${XDG_CONFIG_HOME-}" ] && printf %s "${HOME}/.nvm" || printf %s "${XDG_CONFIG_HOME}/nvm")"
  [ -s "$NVM_DIR/nvm.sh" ] && \. "$NVM_DIR/nvm.sh" # This loads nvm

## .bashrcを再読み込み:
$ source ~/.bashrc

Node.jsをバージョン指定でインストール

例えばv12.16.1 (Latest LTS: Erbium)を利用する場合:

$ nvm install v12.16.1

TIP: インストール可能バージョンは$ nvm ls-remoteで一覧を確認することができます。

Node.jsの利用バージョンを指定(変更)

一時的にバージョン指定

$ nvm use v12.16.1

この場合、ターミナルを抜けると利用バージョン指定は初期化されます。 デフォルトバージョンとして指定したい場合は次のコマンドを実行します。

デフォルトバージョンに設定

$ nvm alias default v12.16.1

以上です。

Node.js

芽萌丸プログラミング部 @programming
芽萌丸プログラミング部@programming
プログラミング関連アカウント。Web標準技術を中心に書いていきます。フロントエンドからサーバサイドまで JavaScript だけで済ませたい人たちの集いです。記事は主に @TanakaSoftwareLab が担当。
オススメ:Zattoyomiで時事ネタチェックの時間節約!