Ubuntuのブートディスクをコマンドラインでの画像
田中ソフトウェアラボ @TanakaSoftwareLab
投稿日 2022/11/25

Linux

Ubuntuのブートディスクをコマンドラインで

Linuxマシンを使ってコマンドラインだけでUbuntuのブートディスクUSBメモリを作成する手順です。

コマンドラインだけで作成するメリット

余計なGUIツールなどは不要でターミナルだけで完結できます。

手順

  1. OSイメージファイルをダウンロード

    OSのイメージファイル(.iso)をダウンロードします。

    今回はLubuntu (軽量かつ省エネなので個人的に好みのディストリ)のLTSバージョンをゲットしてみます:

    $ wget https://cdimage.ubuntu.com/lubuntu/releases/22.04.1/release/lubuntu-22.04.1-desktop-amd64.iso

    ./lubuntu-22.04.1-desktop-amd64.iso というイメージファイルをダウンロードしました。

  2. USBメモリのデバイス名を知る

    USBメモリをPCに接続後、デバイス名を把握しておきます:

    $ sudo fdisk -l

    ここからはデバイス名が /dev/sda1 だったという前提で話を進めます。

  3. USBメモリをアンマウント

    $ sudo unmount /dev/sda1
  4. OSイメージの書き込み

    先ほどダウンロードしたイメージファイルを /dev/sda1 へ書き込みます:

    sudo dd bs=4M if=./lubuntu-22.04.1-desktop-amd64.iso of=/dev/sda1 status=progress oflag=sync

    注意: 書込先をミスると異なるディスクに強制的に書き込まれてしまう恐れがあります!書込先のデバイス名(of=の値)には十分に気をつけてください!

ひとこと

今回はUbuntuのブートディスク作成を行いましたが、この手法は他のOSのブートディスク作成にも応用できます。

以上です。


田中ソフトウェアラボ
田中ソフトウェアラボ @TanakaSoftwareLab
田中ソフトウェアラボ公式アカウント。「芽萌丸」運用情報や田中ソフトウェアラボからのお知らせを発信いたします。プログラミング関連記事(@programming)も担当。お問合せは Chatwork ID: akirattii まで。